11月 調理活動⭐️児童発達支援編

11月のイベントととして『調理活動』を行いました!

ねらい  食べることに興味を持てる活動にする

ランチで食べる『ピザパン作り』『おにぎり作り』『野菜炒め作り』を行いました!

エプロン、マスク、三角巾をつけて、綺麗に手を洗って調理スタート!

ピザパン作り

まずはピザパンにのせる食材の紹介♪

ウインナーやチーズ、コーンをトッピングします。

ピーマンをトッピングしたいのですが、児童の中にはピーマンが苦手な子もいるのでどうしたらいいものか、、と考えた結果

「みんなの前でピーマンの紹介しよう!」と思いついた職員。

児童の前で包丁で切って見せます。

児童「うわぁ!くさーい」「この白いのなに?」

と近くで見てくれました。笑

ピーマンの匂いや食感、味が苦手な子も、この日は「1つトッピングしようかな、、」と😆

パンにケチャップを塗ってトッピングを置いて、、

じゃーん✨ 美味しそうにできました🙆‍♀️

野菜炒め作り

野菜炒めに入れる食材をみたり、実際に触って感触を確かめました!

そして児童にはキャベツを水で洗ってもらい、食べやすい大きさにちぎる作業をしてもらいました。

「これだと大きいかな?」と職員に確認しながらちぎってくれました✨

おにぎり作り

白ごはんとふりかけ入りごはんを用意して、ラップに包んでおにぎりを作りました!

お茶碗に入ったごはんをラップにポンッ!

パカーーン!

ごはんが出た後はラップの端と端を持って集めてきて包むことを伝えると

「こう、、?」と職員に確認しながら包むことができました✨

「おにぎりは三角!」と三角になるようにギュっと握ったり、丸の形に握ったりと、児童それぞれの形がありました☺️

児童にとってこの活動が、『食べ物に興味をもつ』『作ることの楽しさを感じる』『苦手なものも食べることに挑戦できる』などの気持ちを育める機会になっていたらいいなぁと思います😊

※そらとぶしっぽでは随時見学・ご相談を受け付けております。お気軽にお声かけください。
※土曜日は1時間からのご利用が可能です。ご希望の方はまずは一度ご連絡ください。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

新潟市西区山田3338
児童発達支援 放課後等デイサービス
「そらとぶしっぽ」は、
【生きる力を育てよう】を基本理念に、
子どもたちと一緒にワクワクできるような
場所づくりを目指しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる